2.jpg p_pol.jpg map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg

上野賢一郎のうえのニュース

うえの賢一郎の活動報告やその他のお知らせなど。

2020年09月

新総裁が決まりました。

コロナ対策、経済回復、国土強靭化など課題が山積しています。菅義偉新総裁のリーダーシップに期待しています。私も頑張ります!

image
image
image
image

姉川・高時川の整備推進

台風10号で被災された皆様にお見舞い申し上げます。今年も災害が多発する傾向にあります。滋賀県内の強靭化もしっかり進める必要があります。

先日、姉川・高時川の河川整備(第二工区)の説明会に、川島隆二県議と共に参加させて頂きました。この第二工区周辺は、台風による避難勧告が度々出される、流域でも脆弱な地域のひとつ。

姉川・高時川の河川整備は、昨年の日野川に続き、今年から国の個別補助金の対象にする事ができ、国のいわばお墨付きを得て、今後、計画的、着実に、整備を進める事が可能となりました。

地域の安心確保のため、さらに事業のスピードアップができるよう、地元の皆さまと協力して推進して参ります。

image
image

新型コロナ対応の重点医療機関を訪問

県内で、新型コロナ対応を行なって頂いている重点医療機関を訪問し、実情、ご要望などをお伺い致しました。彦根市立病院、長浜日赤、長浜市民病院、滋賀医大病院などです。これら医療機関は、今回の新型コロナ対応の最前線で、大変なご尽力を頂いております。

県内の感染状況はまだまだ油断できない水準ですが、入院患者数は減少に転じ、ベッドの空床率も6割以上となっております。

春には深刻な状況だったマスク、ガウン等の医療用資材も現段階では、充足しているとの事です。

ただ、財政的には非常に厳しい状況が続いており、15億円、20億円の年間赤字が想定される病院もあります。

この点、政府与党では、第二次補正予算等で、医療機関の財政支援のための緊急交付金、医療従事者への慰労金などに約2兆円を計上しており、既に都道府県に交付されていますので、これが速やかに医療機関等に交付されるよう県当局には直接お願いしております。

また、自民党としては、医療機関の更なる支援に予備費を活用すべきとの提言を政府に提出しており、今月半ばには方向性が出ると思われます。

秋冬に、更なる感染拡大も予想されます。無症状者等用の療養ホテルの確保等も今からしっかり準備する必要がありますし、特に院内感染、高齢者施設を徹底して防御する事が必要です。これら点も県当局に要請しております。

新型コロナの感染拡大防止に向け、関係機関の皆さまと連携して今後とも取り組んで参ります。

image